素粒子=意識

 

素粒子とは、物質を構成する最小の単位のことである。

理科で習ったわ~ぐらいの感じでしたが、

宇宙全体でエネルギーで素粒子であって私たちに欠かせない分野を構成するもの。

量子力学とか量子論とか
エントロピーやフォトンなど熱量や光、情報といった分野まで
取り巻くエネルギー世界に当たり前に住んでいる私たち。

よく知らん言葉の中で住んでるんですね・・・

今日は意識というでの素粒子について書いていこうと思います。

観測で現実は変わる・・・

例えば、暮らしている場所、見えている現実というのはどのように出来ているのか?

冒頭の素粒子は物質を構成する最小の単位でできているので現実も素粒子で出来ている。

物質・情報・力・熱・光・現象・見ているものは全て素粒子

じゃ、見えてない時は???
観測していないときは・・・

エネルギー(波)だったり、粒だったり、実態がなかったり(笑)

見えないけれど、当たり前に空間に存在しているモノ

素粒子は、
半分物質で半分エネルギー
半分波で半分粒
半分実態があって半分実態がない

意識して人が観測したときだけ物質化する。

観測してない時はエネルギー(波)になる。

意識していな時は見えない。

月は意識したときだけ見れる。

頭がぐちゃぐちゃしてくる(笑)
目に見えるものしかわからないですから。

見えてないとき、
つまり意識していないときはエネルギー(波)としてその場に漂っている。
素粒子のふるまいとはそういうもんだと思えばいいということ。


スマホも意識した時だけ見れる、触れる。

スマホを購入して、持っていると意識しているから、
私のスマホを所有し、バックに入っていると認識しているから、バックを開ければ出てくる。

バックに入っていると認識していたのに、
バックにないのは忘れた・落としたかのどちらか。

バックの中に入っているであろう、スマホは観測してないときは粒・エネルギー。

たまに、スマホをバックに入れたはずなのに探がしても見つからず・・・・
あっ忘れちゃったのかな~と思って再度確認すると有る。

手品みたいに(笑)

さっきまで無かったのに???

そんな振る舞いもあるのかもしれないし、
単なる探し足りないのかもしれないけど、
狐につままれた感満載(笑)と見つかった安堵でその場終わる。

今考えると、
物質化が間に合わなかったのだろうか(笑)
それすらもわかりませんが、そんな世界で暮らしている。

「見えないもの」の力が何にでも働いている。

観測のしかたをかえたら現実をかえられる。

意識(エネルギー)が先で物質化があと。
潜在意識が先で顕在意識で見る(内側で外側)

どんな意識の状態で現実を観測するか

観測のしかたが重要で、観測して初めて物質化する。

観測によって徐々に理想の現実に変えていける。

どんな意識で現実を捉えようか・・・
ヒトは無意識の思い込みで現実を過ごしている。

目の前の現実は、
その思い込みのフィルターを通して現実が創られる

どんな思い込みを持っているのか・・・
日頃どんな考えかたをして何を防御しているのか。

無意識の思い込みを意識にあげて、
今まで持っていた捉え方をかえる。

思い込み癖を変える。

思い込みのフィルターをフラット(整える)にする。
そこから、見たい現実(観測)が徐々に表れる。

思い込みの見つけ方は、コツをつかんでしまうと簡単。

今湧き上がっていているのに、
押さえつけている感情から探れるよ!

みつけてこう(^^♪ 量子脳心理学とは

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA