人=エネルギー体

目には見えませんが、

身体を構成するエネルギー体のケアが日本でも注目されてくるようになりました。

ですので、人=エネルギー体のことを書きますね。

私たちの肉体をミクロに見ていくと、

身体⇒臓器⇒細胞⇒分子⇒原子⇒原子核⇒素粒子

原子核(陽子・中性子;バリオン)

素粒子(電子、ニュートリノ;クォーク・レプトン)

言葉がたくさんでてくるけど・・・見えない『粒』素粒子でてきている。

素粒子=量子(最先端物理学)

この素粒子というのが、

エネルギーで電子だったり光だったり目には見えないかれど・・・

これが集まって現象化・物質化したものが目に見えるもの。

と、いうことは・・・肉体も物質化したもの。

肉体とエネルギー体と魂で一体。

 

この世の全てはエネルギーで出来ていて、

それぞれが固有の周波数を放ちあっています。

エネルギーが一部変形したものが『物質』になります。

私たちの肉体も『物質』であり、

臓器にも骨にも固定の周波数があり、

各器官で弱い電流を放ち共鳴することで身体の健康状態が保たれています。

もちろん、肌、細胞、感情、意識、現実も全ては周波数です。

エネルギー体は肉体の内側と外側に何層も重ねたエネルギーの層のことです。

生きている時は物質として今見える状態

亡くなると、エネルギーだけに戻る。

だた、座っているだけ、存在しているだけで、とんでもないエネルギーを持っている私たち。

見えるものは、副産物。

 

 

 

『元氣』は基の氣=健康

 

基が崩れると、『肉体とエネルギー体と魂で一体』のバランスが乱れます。

乱れると、心身の不調を招く要素が多くなります。

目には見えない身体を構成するエネルギー体のケアは海外では多く取り扱っています。

その人本来の基の氣に導くケアになります。

このケアを可能にするのがイーマ・サウンドセラピーとなります。

また、量子脳心理から基づいた、
『感情・思考を自分で整える』意識のアプローチも、
個が持つエネルギーの内外循環となりエネルギー調整には面白いほど役立ちます。

あなたの出したエネルギー(波動)は、周りの人やモノにも物理的に影響を与える。

共鳴して勝手に周りも幸せになっていく♡

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA